2つの意味でアナログ

主にFF-TCGについて書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
氷属性。
ほぼすべてのカードが何らかのデッキに居場所を見つけられるんではないだろうか。
単純に強そうなもの、トリッキーなものなど、粒ぞろいのラインナップという印象。
まぁ、3弾くらいのころから、いつもそう言われてきた気はする。


・曲芸師
オートアビリティを打ち消すバックアップ。
バックアップの《シャントット》やSR《リルム》など、対象には困らなそう。
ゴルベーザデッキに対しても強烈なアンチカードになる。
あと、一応PR《シンク》や《レオンハルト》なんかのデメリットを消すことも可能。

これで2コスなんだからありがたい。今後、氷の常連になるだろうバックアップ。


・シャマンド
氷の対風カードがリニューアル。
SR《バルフレア》やR《バッツ》、《ノノ》などを封じてくれる。
それ以外にもR《アーシェ》やSR《セラ》など、アクティブ化能力がやっかいな
フォワードは結構いるので、それ以外に能力がなくてもあまり腐らなそう。
あと《シュユ》をチャンプブロックできるようになるのもV、VI限だと大きいかも。


・ドネッド
モンスターなら何でもダルにできるバックアップ。
《ヌマニュウドウ》のアタックや、メインフェイズ《賢者》などでは寝かせにくい
フォワード化するモンスターをダルにしてくれる。
対象が限定されているぶん《グール》よりいろいろ軽いのがうれしい。

今後登場するモンスター次第では、スタメン入りも十分考えられる。
この子も2コス。
激戦区すぎるだろ氷のバックアップ…


・アークエンジェルTT
1個目の能力は《シド・レインズ》やダメージを与える《シヴァ》がほとんど
使われていないところを見ると、強いように見えて使いにくいのではなかろうか。
ただし《シド・レインズ》は3コスという氷の主力が集まるコストのカードなので、
2コスのこのカードなら話は別、かもしれない。

2つ目の能力は使えれば間違いなく強い。
ただし同名カードがないので、気軽に使えるものではないという点をどうするか。
PR《モーグリ》でサーチするとか、1枚目は使い捨てて、2枚目を引いたら
《フェニックス》や《アスラ》、氷or風《導師》で拾うなど、
デッキの動きを阻害せずに2枚をそろえる方法はいくつか考えられる。

また、手札にこれが1枚ある状態で《ゴルベーザ》をブレイクゾーンに置ければ、
1個目の能力は無駄になるが、フィニッシュブローとして十分な働きをしてくれそう。

単純に強いかどうかはともかく、ポテンシャルは相当高いと思われる1枚。


・アルド
フォワードかバックアップのどちらかを1ターンの間、押さえておけるフォワード。
フォワード化していたモンスターは普通にアクティブになる。

相手が3ターン目くらいにバックアップ2枚から2コスのバックアップをさらに出して
「さぁ次から3コス、5コスのフォワードで攻めるぞ」というところで
このカードを出すと、とっても嫌な顔をしてもらえそう。

ただ、意外と能力を活かせるタイミングが少なくて、
ただの4コス8000として終わることも多そう。
弾が増えたSR《マキナ》、《ジェネシス》、SR《クィーン》、SR《セリス》と
ライバルが多いなか、能力が相手の状態に依存するのは少しキツイか。


・ブッカブー
ほかのキャラクターがフィールドに出た時にブレイクゾーンに置かれ、
そのキャラクターのコントローラーに3枚ディスカードさせるモンスター。

結構すごいことが書いてある気もするけど、手札4枚から3枚切って光《セラ》
→《ブッカブー》の能力が解決されるけど相手の手札は0
→そのあと《セラ》のオートアビリティが解決されてサーチ…みたいな感じで
うまくかわされてしまうことも結構ありそうなので過信はできない。

また、勝っている状況(相手が追加のカードをプレイせざるを得ない状況)でないと
自分の首を絞めることも多いはず。

ただV、VI限の環境で早いターンにU《ウーマロ》のアタックからレベルアップ
→R《ウーマロ》で《ブッカブー》サーチ→《ブッカブー》プレイという流れは、
《リヴァイアサン》など一部の召喚獣でないと対処が難しそう。

あと、先攻2ターン目に、2枚目のバックアップを置いてからこれを出すと、
お互いに身動きが取れなくなるんじゃないかな。
この場合、次はどうするのが正しいんだろう?
これは試してみたい。


・レメディ
手札以外からキャラクターを出すさいに追加コストを求めるフォワード。

《レナ》→SR《リルム》→《ドラゴン》みたいな流れを止められると思いきや、
スタックして解決されてしまうので、この場合《ドラゴン》の能力は使われてしまう。
一応SR《リルム》で《ベヒーモス》を釣ってアタック、みたいなアクションに
対しては抑止力になるけれど。

その一方で、レベルアップに対しては非常に強力なアンチカードとなる。
またR《ゴルベーザ》、U《ガウ》、《フェニックス》など、刺さるカードは結構ある感じ。
SR《シャントット》の「魔力の泉」とかもそう。

3コス7000とサイズも悪くなく、後述の《ミュート》からサーチすることも可能。
FFTAのカードを多く使う、新しいタイプの氷デッキで活躍してくれそうなカード。


・クイーン
クラスゼロのフォワードを使って戦場を制圧する能力を持つ。
任意にクラスゼロのフォワードをダルにできるので、
IV弾のR《ジャック》やR《トレイ》などとは相性がいい。

基本的にそつなく強いカードだが、R《アーシェ》など、
自力でアクティブ化するフォワードに《話術師》でクラスゼロのジョブを付与するとか
《統制者ハシュマリム》や《アスラ》と組み合わせるなど、変な使い方もできそう。

ただし、どうしても《星の巫女》に対してはなすすべがないので、
対策カードを入れるか、他のコントロール手段を入れるか、
諦めるかしなくてはならない。特にV、VI限の環境で使う場合は。


・背徳の神帝マティウス
「相手のフォワードを全部ダルにする」効果がとにかく強い。強そう。
有利な状況での最後の一押しにも、不利な状況からの巻き返しにもなる。

適当に使ってもたぶん強いので、あんまり書くことはない。
L《ティナ》はもちろん、PR《モーグリ》や光《ユウナ》などと一緒にどうぞ。
L《ティナ》+アシスト《時魔道士》で連発するのもいいですね。


・マキナ
1人だと2コス8000先制ブレイブという驚異のスペックを持つフォワード。
攻撃やブロックができて、死なない火《バーサーカー》という印象。
序盤に出せれば1~2点のダメージを与えつつ、ブロッカーにもなってくれるはず。

あとV弾の光《ライトニング》と相性がいい。
うまくすればアタッカーをこの2体にほぼ限定したデッキ、なんてのもできるかも。


・ミュート
《レメディ》と《シド・ランデル》をサーチし、フィールドに出せる。
《レメディ》は3コス7000と、戦力として換算できるフォワードなので、
とりあえず両者をデッキに入れるだけで息切れしにくくなるのはいい。

ただし、他の能力を持たないので5枚しか出せないバックの1枚、
《シド・ランデル》を出したら2枚が埋まってしまうというのは
小さくない弱点。
特に今回、氷には優秀なバックアップが増えているので、それも逆風。
2枚コンボで7000のフォワードを安定供給というギミックは、
初期の《ヴァニラ》と《ヘカトンケイル》にもあったけど、
あまり強力とは言えなかった。今回はどうなるだろうか。

それにしても《ミュート》と《レメディ》を入れたデッキ同士で対戦すると、
先に《レメディ》を出した方が、相手の《ミュート》の能力を制限する、
というかたちになるのか。なんか不思議だ。これも原作再現なのかな。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

ゆば
  • Author: ゆば

Search

Calendar

06 « 2018/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。