2つの意味でアナログ

主にFF-TCGについて書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
本日FFTCG ChapterVI発売日。
MASTERS予選の後半戦が今から楽しみ。

土属性。

土は除去能力がまた上がった印象。
対象を選ばない《ヘカトンケイル》の参入は大きそうだ。

・グラディエーター
バックアップを出すたびパワーが+3000されるフォワード。
自分でブレイクゾーンに行けるバックアップを多めに積んでおけば、
かなり安定して3コス9000として運用できるはず。
一般兵なので2枚以上並べられるのもいい。
ただしブロッカーにはなれない。そこが残念。

同コストに《ニンブス》がいる以上、土の濃いデッキでの採用は難しいけど、
一般兵デッキなら考慮してもいいと思う。


・グラビトン
水属性にくれ。


・グンパ
ブレイクゾーンに置かれると、同名カードをサーチしてフィールドに出せる。
土《陰陽師》やU《ルール―》などの、バックアップをブレイクゾーンに置く
アビリティを持つカード全般とシナジーを持つ。
1コスなので、デッキにバックアップをブレイクゾーンに置くカードがあれば、
2枚くらい入れておいてもバチは当たらないはず。


・ドロタボー
指定したフォワードを強制的にブロックさせる能力を持つモンスター。

IV弾《シンク》とは違い、誰でブロックするかは相手が決める。
なので、ピンポイントで相手のフォワードを潰すことはできない。
特に水や風のような横に並べるデッキに対しては効果が薄いか。

まぁそれでもコンバットをいじくれるカードということで、弱くはない。
L《マッシュ》がいれば1体は相手のフォワードをブレイクできるでしょう。
それはL《マッシュ》が強いだけだという気もするけど。


・ホワイトモンク
モンスターからはダメージを受けず、ブレイクされないフォワード。
《ドラゴン》やC《ボム》などに耐性があるのでV、VI限で頼りになりそう。
パワーは6000と控えめだがブレイブを持っているところもいい。


・アークエンジェルGK
土属性のフォワードにブレイブを与え、大量除去のSアビも持つ。
これがフィールドにいるにも関わらず、フォワードが3体もダルになっている
という状況はあまりないので、1体だろうとSアビは使っていくべきか。
もしくは氷と組んで、意図的にその状況を作り出すとか。
《背徳の神帝マティウス》なんてカードもあるし。

V弾のSR《シャントット》やSR《ディリータ》、《バーサーカー》など
ブレイブを持っていないフォワードと組み合わせたい。
《ギップル》の枚数を減らせるという間接的なメリットもあるか。


・ヘカトンケイル
自分のフォワードと相手のフォワードをそれぞれ1体選び、
それらを直接戦闘させるような効果を持つ召喚獣。

EXバーストがついているので投入しておけば使える機会はちゃんと来る。
L《マッシュ》、《ニンブス》、PR《シンク》などなど、
高パワーのフォワードをフィールドに常駐させておきたい。

今回登場したSR《リディア》でももちろんいいんだけど、PR《リディア》の方が
速攻性という意味でこのカードのサーチ役には向いているかもしれない。


・エイト
自分の各ターンに、モンスター1体をブレイクするか、
自身のパワーを+1000するかを選ぶフォワード。

何のデメリットもなくモンスターをブレイクできる能力は強力だが、
出してすぐブレイクできるわけではないので、そこには注意が必要。

どちらかというと、アタック時9000のフォワードと考えておいて、
やっかいなモンスターがいたらブレイクする、くらいの気持ちか。

《ベヒーモス》などのフォワード化するモンスターに加え、
今回システムクリーチャー的なモンスターも増えたので、
役に立つ場面は少なくはないはず。


・シンク
クラスゼロのフォワードを、ダメージ以外の効果でブレイクされなくする能力と
自身のパワーに等しいダメージを1体に与えるSアビを持つ。

ほかのクラスゼロのフォワード同様、《話術師》とは強力なシナジーを持つ。
特にこれは除去耐性を与えるので、有用性は高そう。
土の脳筋たちを片っ端からクラスゼロに入学させたい。

また、Sアビが土にはめずらしく対象がダル状態という条件がない。
《シンク》はほかに同名カードが2種あるので弾もじゅうぶん。

スタン・V、VI限ともども、かなり使える1枚なんじゃないだろうか。


・リディア
2コス以下の召喚獣をサーチする能力と、召喚獣を捨てて自身を守る能力を持つ。
戦闘には参加せず、毎ターン手札のアドを稼いでいくカード。
今回追加された《ヘカトンケイル》や《カーバンクル》をはじめ、
V弾の《タイタン》や《ガルーダ》など多くの召喚獣をサーチできる。

1回でも能力を起動できれば、その後除去されてもアドを失わず、
その気になればその除去を無効化することもできるので、
ターンを返してしまうと対処が難しくなる。
相手にするとかなりやっかいそうなカード。

《密告者シュミハザ》をサーチできるのも見逃せないポイント。


・レドナ
戦闘や効果によってブレイクされるさいに、追加コストを求めるフォワード。
3コス5000とパワーは低いので、ブロックにまわるのが主となるか。

ただ、そういう状況では相手のバックアップが起きていることも多いので、
結構ブレイクされてしまいそうではある。
そうなっても、追加3コスというのは軽くないので、相手のテンポは削げる。
自分もこのカードを出すために3コス払っているが。

相手が追加コストを払ったら《ゴーレム》や《タイタン》でかわす、
ということができるデッキなら、存在感を示せそう。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

ゆば
  • Author: ゆば

Search

Calendar

06 « 2018/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。