FC2ブログ

2つの意味でアナログ

主にFF-TCGについて書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

結構いろんな人がレビューをやりきらないまま終わっているので、
意地でも続けてみる。

今回は雷属性。
割と地味なカードが多い印象。特にコモン。
ただしクラスゼロの面々や《憤怒の霊帝アドラメレク》など、
V限、スタン両方で活躍できそうなカードももちろんある。

・シド・ランデル
アタック時にコストを要求する“ロウ”カード。
0ダメージの時に置くと、相手はゲーム終了までに最低7コストを
追加で支払わなくてはならない。
実際はブロックしたり、アタック後に除去したりするので、
10~15コストは要求することができるはず。

問題はこれが4コスであることと、バックアップの枠を1枚使うこと。
そして相手を苦しめるには早いターンに起きたいので、
枚数もそれなりに入れたい。

雷の強力なバックアップは《ナギ》やU《ルール―》、《シーモア》など、
ややコストが重く、場に残るものが多い。
これらに加えてこのカードを入れる(あるいは入れ替える)のは難しい。

まだ使ってないうえでの感想だから、使ってみたらくるりと掌が返って、
賛辞賛辞また賛辞ということになるかもしれないが。


・トーチカトータス
ブロックしているフォワードのパワーを下げるモンスター。
プレリではお世話になりました。

《ナギ》がいればブロックするだけで-3000となり、侮れない。
雷に多い先制攻撃持ちとの相性はいい。
起動にコストがかからないのも〇。

ただし、防御には使えない。
ダメージでもないので《アスール》ともシナジーしない。

戦闘の回数を増やすため《ドロタボー》と組み合わせるのが丸いか。


・ランペール
ブレイクゾーンに置かれると《デスティン》をサーチし、
手札に加えるか、フィールドに出すかできるフォワード。

雷には《アンジール》や《ダイスダーグ》など、ブレイクゾーンに置かれた時に
なんらかの効果が発動するものが多い。

《アンジール》はフォワードをサーチできるが、サーチ対象のザックスは
火属性なので雷単では使えない。
《ダイスダーグ》は7000ダメをとばせるが、対象はアクティブ状態のものだけで、
対象がいないorダメージが足りないことも多い。
相手に見えていて、警戒されるという弱点もある。

これらに対して《ランペール》は、手札orバックアップが増える効果なので、
雷単でも運用可能、かつ相手に左右されない。
ただしフォワードをサーチしたり除去ができるわけではないので、
相手への直接的なプレッシャーにはならない。

同名カードが出ていないことが条件だが、バックアップが1枚増えるのは、
ゲーム序盤であればあるほど強力。
初手でぶっ放すのが一番強い気がする。
殴れればそれでよし、除去されてもよし。
V限なら意外といけるのでは?

問題は、ゲーム後半に引くと3コス7000バニラになること。
これがどのくらい大きいか……。


・アークエンジェルHM
4コス8000の安定サイズに加えて2回攻撃できるアビリティ、
相手のフォワードすべてに5000ダメを与えるSアビを持っている。

《ナギ》かU《ルールー》がいれば、パワー8000までを一方的に倒せるので、
2回攻撃のアビリティを活かせるシーンが増えそう。
《マーキー》などで先制攻撃を与えてやればプレッシャーはさらに増す。

雷の4コスは今回《サイス》が入ったものの、まだまだ純粋なアタッカーは
少ないので採用の余地はあるはず。

条件は厳しいが、場にこのカードがあって手札にこれが2枚あれば
雷4コスで10000ダメージを敵全体に飛ばせる。


・黒騎士
次に出たフォワードを自動的にブレイクするモンスター。

このゲームには光《ジタン》のような、場に出たら仕事は終わりで、
早いところ2枚目を出したいフォワードもいるので、スタンでは厳しそう。
各種《バイキング》とかね。

そういうカードの少ないV限でならワンチャンスあるかも。
光《ライトニング》が帰ってきた時、もう1度追い返すこともできる。
ただ、モンスターやフォワード化するバックアップには対応できない。

なお《輪廻王カオス》との相性はとてもいい。
雷を絡めるなら普通に除去しろ、とは思わなくもないけれど。


・リッツ
自分のフォワードを除外されず、バウンスされない状態にする。
また《シャアラ》を効果に選ばれなくする。

I弾のSR《シャントット》耐性がつくのが一番大きいか。
SR《マッシュ》でも除去できなくなるので、土にはかなりきく。
《リヴァイアサン》やR《ストラゴス》を擁する水にも効果は小さくない。
一応SR《エクスデス》の能力も完封できる。

火など、きかない相手にはきかないが、きく相手には結構有効。
1枚くらいは忍ばせておくと意外と仕事するかもしれない。


・カイン
3コス9000のコスパに加え、ヘイストと先制攻撃を得るアビリティも持つ、
異常ともいえるスペックのフォワード。
ただしデメリットとして相手に闇属性のキャラクターが出ると、
コントロールが移ってしまう。
原作でのカイン(裏切る、敵として戦うとむちゃくちゃ強い)が
非常によく再現されているいいカード。

とりあえず相手が闇属性のキャラクターをデッキに入れていなければ、
デメリットがなくなるというのがすごい。
V限では《星の神子》への対抗策として活躍しそう。

スタンでも十分使っていける性能だが《カトル・バシュタール》が天敵。
軽くて強いフォワードが増えているので、土における《カトル》の採用率も
上がっているはず。
雷だから除去するのは難しいことではないけど、忘れてはいけなそう。

早いターンに《ケルガ―》からリンクで出すといいプレッシャーになる。
相手の闇属性キャラクター対策としては、闇属性のカードを継続して
プレイできる《カムラナート》などをデッキに入れておくのがいいか。
《カオス》をU《リュック》やU《ストラゴス》でバウンスするのも有効かも。


・サイス
火の《フリオニール》が雷になったようなカード。
パワーが1000さがったが、代わりにジョブがクラスゼロになり、
ダメージがパワーマイナス修正になり、ほかのキャラクターが
ブレイクゾーンに置かれるたびに強化されるようになった。

修正量は多くないので、除去して使うにはほかの手段との併用が必要。
V弾の《魔人》や《憤怒の霊帝アドラメレク》などと組み合わせたい。
《グリーンドラゴン》やC《ボム》との相性もとてもいい。

クラスゼロデッキはもちろん、雷の絡むいろいろなデッキに入りそう。


・ナイン
自身を含むクラスゼロのフォワードにヘイストを与えるカード。
火雷でSR《エース》やR《ケイト》と組んで速攻型のクラスゼロデッキができそう。
Sアビは非常に地味だが、最後の1点を押し通すにはぴったり。

コストもかからず、何枚あっても困らない効果なので、スタンでは
ナイン9枚のデッキもありえるかもしれない。あっ。


・憤怒の霊帝アドラメレク
自分のキャラクターに、ダルにしてフォワード1体のパワーを-2000するアビリティと、
自身をブレイクゾーンに置くことでフォワードのパワーを-2000するアビリティを
付与する召喚獣。1コスで、EXバーストもついている。

非常に柔軟性が高く、中盤~後半戦では大きなアドバンテージを稼ぐこともある。
特にバックアップを1、2枚ブレイクゾーンに置いてもいいような状況だと、
相手のフォワードを2体ブレイクゾーンに置いたり、無力化したりということも可能。

VI弾の《ヘカトンケイル》同様、EXバーストがついているので、
安定した運用が期待できるのもポイント。
V限でもスタンでも、雷単でも多属性でも使えそうないいカード。
スタンなら《シーモア》《フースーヤ》などブレイクしていい
バックアップが複数存在するのもいいところだ。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

ゆば
  • Author: ゆば

Search

Calendar

10 « 2018/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。